明けない夜はない

Posted by Anna(旧:Noa) On 2015年3月18日水曜日 0 コメント

 日曜日、工芸展を母と見に行って裂織りのきれいなマットをget。青とイエロー。アルクトゥルスとリラのような。

日曜日、急遽、父からチケットを譲ってもらって森山直太朗のコンサートへ行ってきました。
直太朗氏は新潟に住んでいたころ、学校の近くのHMVに来ていたのをチラリと見かけて、
失礼ながらその時はゴシック、パンク少女だったのでw素通りしてしまったのだけど、
その後テレビで「生きてくことが辛いなら」を歌っていらっしゃるのを聞いて、たいへん感激して。
いつか生で歌を聞いてみたいナと思う人の1人ではありました。
このタイミングでプレゼントしてもらったようなコンサート。
2階席の一番後ろでしたが、ちょうど中央で、ステージから歌のエネルギーがまっすぐ伝わってくるようでした。

うん、曲に感動して涙がこぼれたことは言うまでもないんだけど、
正直、直太朗氏がここまで面白いMCとライブをすると思っていなくて、笑いすぎて涙が出ました。
べしゃりとお客さんとの掛け合い、ライブの構成が、絶妙すぎる。。
私はステージに未来の綾小路きみまろを見ましたね。
敬意をこめて、今日この日から彼の事を「きみたろう」と呼ぶことにしました。
…いや、おふざけはさておき、本当に彼の曲をこのタイミングで聞けて、よかったとそう思います。

彼の歌からは、昨日と明日と今日は繋がっていて、夢も現実も一緒なんだと。
そして今ここにいる自分と、遠くの国にいるどこかの誰かも繋がっている。
地球も宇宙も人間も動物も空気も水も、同じ一つのものを分け合っている。
そんなことを感じました。


生きとし生ける全ての物へ 注ぐ光と影
花は枯れ 大地は罅割れる
そこに雨は降るのだろう
僕は君が思うような人間じゃない
そうさそんな人間じゃない
もはや人間じゃない

深い詩だなぁ~…。

さて、前回のブログを投稿して数日。
先週は本当にこの世の終わり…ぐらいの気持ちでいましたが。笑
13日あたりにパッと気持ちが軽くなる瞬間がありました。
たぶん、無意識で繋がっている人々や存在たちが沢山動いていたのだと思います。
そして週末に直太朗氏の生歌を聞くことができて、どうしようもない心の重たさがほどけてゆきました。
現在、インドネシアにいる妹に「これはもう乗り越えられるかわかんないや。」とか愚痴ったりしていたのですが、その次の日にはするりするりと。
本当に迷惑な姉です。しっかり生きたい。

本当はあのブログを書いた時はすごく怖くて、
まあだいたい変な事しかブログに書いてませんけど、こんな…ちょっと怪しげなコト書いてだいじょうぶなんだろうかとか。。自分で自分にひたすらツッコミを入れてました。笑
地に足着けて、真っ当にフツーに生きたいと思いながら、私の深淵の扉は自分が想像している以上にその世界からいろんなものを運んできますね。良いか悪いかわからんけどw
でもそこを無視できないように選択して生きてるんだなあと改めて思いました。


とはいえ、何だか今週はもやがかかった様にぼんやりしております。
帰宅して、ふらりと車に乗っていつものコース(市内~隣の町村の古墳や神社の脇を通る)を3日連続でドライブしたりして、疲れて帰ってきてばたり、と眠るという日々です。

週末、最後のカレッジがあります。
また流れが変わるかな。

うん、きっとこれ、このボンヤリ感は、いつぞやにブログで記した「はざまタイム」なのだと思います。

よあけのすぐ手前。
本当に、よあけ前は色んなものがやってくる。
良いものだけとは限らないけど、こうしてギフトのような出会い(きみたろうの生歌)が用意されていたりもして、また前を向いてあるいていこうと思える。
それって本当に恵まれてるよなあと。
見捨てられたような気持でいたけど、常に救いはあって…というか、
自分がそう決めて一歩踏み出して、ゆっくりでも着実にそこへむけて足を運べば、叶わないことなんてない。望めば上に上がることができるし、自分は自分で救うことができる。
きっと自分に連なる色んなコトやモノたちも一緒に上がって行ける。

わたしが青い空をのぞめば、どんなに深い夜もいつかは明ける。

そういうことなんだと、思う。



◇ ◇ ◇


そうそう、FBやtwitterではアホの子のように呟いているけれど、実は31歳前厄を迎え、この子たちにはまっておりますwww Kis-My-Ft2にww


ジャニーズのアイドルたちは見た目に反して、ものすごいガッツがあるというか。サバイバルだなと。
有名人と云われるような人たちには多いのかもしれないけど、ホロスコープとかを見ててもハードアスペクトの塊。笑
厳しい世界を生き抜くためには、普通なら持て余すようなエネルギーが必要なのかもしれないですね。
雑誌のインタビューでも最年長の北山氏が「ずっと悔しかったから、悔しいことは宝物だよね。」「昔は自分より売れている奴は全員消えろと思ってた。」みたいなwwwことを言ってて、ウンウンと唸ったよね。
私は自分のネイタルチャート見ると複雑なハードアスペクトがあんまり無いので、何かを創りだすエネルギーというのを、こうしてハードアスペクトが多い人やグループの曲を聴くことでもらっている感じ。

私にとって、彼らは心を温め癒してくれる温泉のような存在でもあり、
前に進むためのエネルギーを与えてくれるガソリンでもある。

まあ、温泉だし地熱発電でもいいよw

敬意を表してキスマイ温泉と呼ばせて頂いております。笑

今日もキスマイ温泉であったまりながら、一歩ずつ踏みしめていきたいと思います。



Anna

0 コメント:

コメントを投稿