[SENSE AND SENSIBILITY] 1995 UK&USA

Posted by Anna(旧:Noa) On 2007年12月13日木曜日 0 コメント

いつか晴れた日に

Jane Austinの同名原作「SENSE AND SENSIBILITY(分別と多感)」、英国女優でこの映画で主演を務めるエマ・トンプソンが脚本を手がけ、第アカデミー脚本賞を受賞した作品。
話の展開はいかにもJane Austinらしい、19世紀初頭のイギリス田舎町の上流社会の人間模様・恋愛を描いたもの。

去年?DVDで映画版「高慢と偏見」を観て、Jane Austinの世界観に見事ハマッたNoaは次に観るのは「SENSE AND SENSIBILITY」よ!心に決めておりました。私生活もようやく落ち着いてきたので、久々にレンタル屋に走り、DVD掻っ攫ってきました。

いやー、やっぱり私さー、英国俳優&女優が好きだわ。
あの独特の艶っぽさはお仏蘭西の艶っぽさや米国のベタベタの艶っぽさとも違うんだよなー。
というか、Kate Winslet嬢さいこう。好きだ!
多感な次女マリアンヌ役にぴったりです。
タイタニックで観た時も思ったのだけど、この人はなんてクラシックな格好が似合うのでしょ。そして、歌声が愛らしすぎる。Kate嬢がCD出したら絶対買う。(でもクラシックの歌曲集とか讃美歌集限定ね)
分別ある長女エリノア役のエマ・トンプソンの演技も素晴らしい。自分の気持ちを抑えていたエリノアが涙するシーンはこっちも、うううとなってしまいます。
そして、ひた向きにマリアンヌに想いを寄せるブライアンを演じたアラン・リックマン(スネイプ先生~)が格好よすぎる。ヒュー・グラントの20倍格好よかったわ。

内容はね、ほんと「JANE AUSTIN !!!」みたいな感じ。
興味がない人は「高慢と偏見」観たからいーやー。な内容だと思うんだけど、私みたいな19世紀貴族バカは何度でも観たいと思うのよね。これ。

私みたいな人間にJaneAustinの世界は、不思議な魔法をかけてくれる。結局、女子はああいう今では幻想かもしれない乙女チックな世界に憧れるのかもしれないね。。。

[ The Presented Lover ] LUOMO

Posted by Anna(旧:Noa) On 2007年11月6日火曜日 0 コメント

The Present Lover

Last.fmで遭遇したLUOMO(ルオモ)。
フィンランド出身のVladislav Delayの別名義プロジェクト。
艶やかで静かなヴォーカルハウスはとっても心地よい。
「The Present Lover」はLUOMOの1stアルバム。
北欧の冷たさと暖かさが、耳を刺激します。
収録曲のTessioは、目を瞑りながらずっと踊っていたい染みる名曲。


I guess you turn me on,
When you're gone,
For me it didn't go wrong,
we just made another song.

Off getting it alone,
Never asking if for long,
It's just that the world ain't enough,
And it never was for the two of us.

Baby, it's ok.

I guess you made me warm,
When you do the hum,
Making everybody come,
Getting creative with your charm.

I tried to be all yours,
Over line ain't answering your calls,
Don't say it's false,
I'm only following my thoughts.

Baby it's ok,
We'll make it better,
Baby, I, I'll survive,
Without these women in my life


( Tessio / LUOMO )

[Everything is Illuminated] 2005 USA

Posted by Anna(旧:Noa) On 2007年10月2日火曜日 0 コメント

僕の大事なコレクション 特別版 [DVD]


イライジャがへんてこでとっても素敵です。


『僕の大事なコレクション』('05)
http://wwws.warnerbros.co.jp/everythingisilluminated/

向日葵を背景に目を瞑ったヘンテコめがねのイライジャが印象的な「僕の大事なコレクション」(原題:Everything is Illuminated)、レンタル屋で見かける度に気になっておりました。だってあらすじを読むとなんだかイライジャが少しばかり(いやいやとつても)へんたいちっくなんだもの。肩書きに『へん』とつくモノには片っ端から反応してしまうNoaは、こいつはいつしか観なければいけないゼ。とつばをつけておりました。
数ヶ月前に、ようやくそのヘンテコなイライジャを拝む機会がやってきまして、「どーれどのぐらいへんてこなんだか見せるが良いよ」とDVDのスイッチをONにしましたところ、あれま、なんと実はとってもシリアスなお話じゃないですか。ヤダ、奥さん、私を泣かせるつもりなのかしら?ハンケチの用意が無くってよ!…というような具合でした。(どのような具合だ)


イライジャ扮するユダヤ系アメリカ人のジョナサンが、
祖父の故郷、ひいては自分のルーツを探しにウクライナを旅するロードムービー。(撮影はチェコのやうですが)
東欧のエキゾチックな街並みと自然がとっても美しい!

すべての過去は、
私のこの身体の中にも生きている。
まさにEVERYTHING IS ILLUMINATED!





「戦争は終わったの?」

[ pride and prejudice ] 2005 UK

Posted by Anna(旧:Noa) On 2007年2月14日水曜日 0 コメント

プライドと偏見

以前から「観たいな~」と思いながら映画館に行くのも億劫だし、DVD借りるのも億劫だし、何より外れの可能性のほうが高いかもしれないという独断と偏見にヨリ、今まで手をつけずにいたのだけれど、先日とうとう観ました。

『プライドと偏見』('05)
http://www.prideandprejudicemovie.net/splash.html

原作は夏目漱石も称賛する18~19世紀の英国人作家Jane Austenの『Pride and Prejudice/ 高慢と偏見』
幾度も映画化・ドラマ化されている有名作品。
1940年に映画化された『高慢と偏見』には、名優ローレンス・オリヴィエも出演しています。

今作の『プライドと偏見』は某海賊映画でお馴染のKeira Knightley嬢が主役のElizabeth(Lizzie)を好演。相手役のMr.DarcyにはMatthew Macfadyen氏、ぱっと見はどうも宜しくないのだけど動いている彼を見れば惹かれずに居られません、ダーシー役が之程ピッタリくる人もいないのではないでしょうか。(ちょっと捨てられた子犬みたいで可愛いのよ)

上質な絹の手触りの美しい映画。

感動が沸点を越すことは無いのだけれど、最初から最後まで沸点ぎりぎりのラインを保ち続けています。コテコテの時代モノにはない、真の意味での品格が随所に散りばめられています。

水彩画のような美しい映像と音楽も素晴らしい。

Mr.Darcyはあまりにチャーミング。
Elizabeth嬢の細長い首が綺麗。


米国版エンディングはおまけとして楽しみたいナ。
(物凄い甘甘)



キーラ嬢は好きな女優ではなかったのだけれど、
この映画を見てスッカリ『ふぁん』になってしまいました。
そしてマシュー氏も、二人ともとっても可愛いんだもの。