茨城県神栖市 息栖神社

Posted by Anna(旧:Noa) On 2012年11月28日水曜日 0 コメント


茨城県神栖市にある息栖神社(いきすじんじゃ)にお邪魔してきました^^
なんと、だ~~いすき!な鹿島神宮の摂社であらせられる(笑)お社だそうです。
でね、息栖神社は鹿島神宮と香取神宮と合わせて「東国三社」と称されていて、線で結ぶと綺麗な二等辺三角形を描くのだとか。The ミステリー。笑

息栖神社は、もともと数キロ下流にあった日川地区にあり、大同二年(802年)にこの地に 遷座したのだそうです。

古くは香取海に浮かぶ沖洲だったそうで、息栖でなく於岐都説(おきつせ)(「沖洲の津」「沖洲瀬」の意)と呼ばれていたとの説もあります。




ご祭神は岐神(くなどのかみ)を主祭神として、天孫降臨のため遣わされた武甕槌大神を乗せて先導した天鳥船神(あめのとりふねのかみ)と航海や交通の神である住吉三神を祀っています。

岐神は、くなと(ど)・ふなどとも読み、黄泉の国から帰ってきたイザナギが禊の時に、投げた杖から化生したと言われており、道祖神や塞の神、猿田彦と同一視されています。
岐神も東国開拓の折り、出雲の国から東国に武甕槌大神(たけみかずちのおおかみ)を先導した神様です。

ここに祀られた方々は、どの方も道先案内人(神?)なのですネ。宮城の鹽竈神社の塩土老翁(しおつちのおじ)にも性格が似ていますね~。

また江戸時代にはご祭神を気吹戸主(いぶきどぬし)としているものもあります。

気吹戸主は罪穢れを祓い清める祓戸の神です、罪穢れを根国・底国に息で吹いてしまうという大祓祝詞の一節からも分かるように、エアー(風)属性の神様です。

ふふふ、エアーの神様、好きです。笑




立派な朱色の隋神門~♪素敵でした☆


~~~~~~~~~~



ところで最近、自分の中で「サナトクマラ」というマスターが改めて気になっています。
いつもお世話になっているレコンセクレーションのエネルギーともかかわりの深い高次の存在です。


高次の存在は、それぞれの文化や宗教、そして私たち一人一人の人間の目をを通して見ると、元々は一つのものであっても名前が違ったり性質が違ったりするのでしょう
「サナトクマラ」というマスター、日本の神々に当てはめるとしたら、一体どなたにあたるのでしょう。
何となく猿田彦あたりが近いのかなと思っています。

そして猿田彦と同一とされる岐神、クナトという語感が妙にサナトクマラに似ているということもあり、この方ももしかしたらそうなのかもしれないな~と妄想しておりました。


いやいや、ほんとに個人の妄想の範疇ですからネ。大目に見てね。笑
訪れてみて何か分かるわけではないですが、というか分かんない事のほうが圧倒的に多いんですが、
いつもの「ま、取りあえず行ってみるかwww」な感じで大好きな鹿島の神の先導を務めたという息栖の神の元へ、滞在時間1時間弱の(笑)弾丸ツアーを決行してきました。




男らしい鹿島神宮とはまた違って、息栖はどことなく女性的な雰囲気でした。
本殿を後ろから失礼してパシャリ。 
昭和に入ってから火災で本殿が消失し、それ以来コンクリートのお社だそうな~。
  
雨上がりだということもあってか、境内はしっとりとした空気に包まれていました。


ご神木の夫婦杉^^ なんと樹齢千年以上だそうです~~!スゴイ!

木の精霊さんが宿っていそうな雰囲気です。
 
その昔、若者たちが力比べのために持ち上げたという力石。
ミンナチカラモチダッタンダネ。笑




ちょうど菊の季節でした^^  So Beautiful !

 
 本殿よりも、息栖の森や木々が気になってしまって、誘われるがままに林の中へ。
すっごく心地良かった~~♡♡ やっぱり自然はイイ!!


浄化。流れ出るもの(水)、吹いているもの(風)を止めないで。循環させていって、常に新鮮なものを取り入れなさい。。
森の精霊と戯れながら(笑)そのようなメッセージまで頂きました。うろ覚えですが。
わたしゃ、拝殿の前で手を合わせている時より、如何やら森とか自然のただ中に居た方が内なる声と繋がりやすいヨウダヨ。(誰も聞いてイナイヨ)


最後に、一の鳥居まで戻って、日本三大霊泉のひとつ「忍潮井(おしおい)」を見にゆきます。






忍潮井は、旧社殿と同じく元々は数キロ離れた日川の傍にありました。

この辺りがまだ海だった頃に海水をおしのけて真水が湧いていたという、なんともアンビリバボーな井戸です。
大同二年の遷座と共にこの地まで引っ越してきたようです。

井戸は左右の鳥居の下、水中深くに女瓶・男瓶が据えられており、その中から水が湧き出しているといいいます。

男瓶は銚子の形をしていて、 女瓶は土器の形だそうですが、どっちがどっちだかわかりませんでした。笑 
 


というか忍潮井まで歩いてきて気づいたのですが、周辺に「猿田」という表札のお宅が何軒もありました(@_@;)
猿田さん、猿田彦に繋がるのでしょうか。

ということはやはり息栖の神は猿田彦と≒?

・・・なんてね。
でも後から調べたら鹿嶋市と、利根川を挟んで対岸の銚子にも猿田という地名があり、銚子の猿田には猿田彦が降臨したとされる猿田神社という社もあるようです。

う~ん、興味深いですね。


旅の最後に利根川を眺めました。

初めてまじまじと見る利根川に妙に感激。笑
この流れを遡っていくと、こないだ訪れた埼玉の行田市に繋がっているのだよね~。



今回も楽しき旅となりました。
息栖の神、土地の精霊たち。
ここへ導いて下さって、そしてご縁を頂きありがとうございました♡




Noa


☆再神聖化のお手伝い<レコンセクレーション>アチューメント モニター価格実施中
 

0 コメント:

コメントを投稿