いやひこの聲かすかに。 ~弥彦神社探訪記②~

Posted by Anna(旧:Noa) On 2014年11月30日日曜日 0 コメント


今回、おやひこショックで弥彦神社に関する摂社や旧跡地を回りました。
その中でも、弥彦山の日本海側に面している野積の妻戸神社(つまどじんじゃ)は、弥彦の原始のエネルギーをとどめている場所だと感じています。ここは天香山命の妻である熟穂屋姫命(うましほやひめのみこと)が祀られる神社です。
熟穂屋姫命かどうかは分かりませんが、訪れて感じたのはもともと弥彦は縄文系女神のエネルギーの強い土地だったのではないかということです。もしくは山の神とそれを祀る巫女(女性首長・シャーマン)の力が強い土地…。


弥彦大神が野積海岸に上陸し塩造りや漁業、醸造技術を伝えた後、内陸部を開拓するために妃神を残り山を越えました。
生活が定まった後で妃神を呼ぶつもりだったが妃神も一緒に移りたくて後を追いかけました。行き先を口止めされていた木こりが妃神に山越えの道を教えようと口を開けたとたん石になってしまいました。
妃神は自分の欲を詫び追いかけるのをあきらめてここに留まり、弥彦大神の開拓の成就を祈り、また石になった木こりの霊を慰めたといいます。というようなご由緒のある神社です。

※階段の手前に御幣(ごへい)が刺してあり、ご神体の大岩に近づくのを拒んでいるようです(妻戸さんじゃない何かがw)

元々はこちらの妻戸神社のエネルギーが強かったように思います。
この地では新酒を造り、その良く澄んだ酒をまずこの大岩に献じ口開けすることから、
ご神体の大岩を「口開け岩」ともいうそうです。



妻戸神社の目下に広がる野積、ここは酒造りが盛んで、野積杜氏は全国に良く知られていますが、この杜氏という言葉、女性の家長を表す「刀自(トジ)」という古語からきているという由来があります。
というのも古来、お酒を醸造したり神にささげるのは女性の仕事だったからだそうですが、
刀自は女性首長を表すコトバである戸辺(トベ)などにも繋がりますし、
この口開けの祭りも、妻戸の女神と巫女たちに機縁しているのかもしれません。

 ※彌彦山山頂から見た日本海と越後平野↑

妻戸には「風は吹くままに吹け、海は荒れるままに荒れろ。それが自然の摂理だから。」というような、豊かさだけでない自然の残酷さ、それをありのまま畏敬するというような、原始の信仰の名残を感じます。


(続く)

Anna



0 コメント:

コメントを投稿