You are my shinning star ☆ ~愛を求めてゆこう~

Posted by Anna(旧:Noa) On 2014年6月30日月曜日 0 コメント

本日、猪苗代湖畔にて独りリリースセレモニーってきました。
何をリリース(手放し)ってきたかという話なのですが(笑)
一言で言うと「過去の自分」ですか。
長くなりますが、お付き合い頂けたらこれ幸いですw


 私のFacebookやtwitterをフォローして下さっている方やオフラインのお友達の皆様は、ご存知かと思いますが、この半年というもの、私はひたすら現在ビミョーな関係にある彼とのことについて悩んでまいりましたのですね。笑

今年はもう本気で私の取り組みたいことNo.1は恋愛やパートナーシップについてのパターンの見直しなのでして、セッションやワークなどでそのことについてもご相談したりして何とかここまでやってきたのです。
イリゼ兄貴のセッションや直美さんのメールリーディングなど本当に大きな気付きを頂きました。どんだけ私が救われたことか。ありがとうございますっ。
また友達の言葉、自分の直観でも、この関係を続けていきたい・更に進展させたいのであれば、やっぱり私がじりじりと待って様子を見るしか選択肢は他にないというのが結論したっ。
相手が本当の意味で狡くて汚ない人間であれば、私もスッパリと諦めることができるのでしょうけど、そうではないので、まーほんとじりじりどうしていいか分からない状況が続いていましたですよ。

でも定期的に自分の中で、もーだめだっ!!!!!パーンッ!!!やってられるかっ!!!という期間がやってきましてね(笑)
この感情を相手に素直に伝えることができればいいんですけど、それを言ったらどうなるかっていうのがね、どうしようもないぐらい分かるし、恐ろしくて何も言えんくて、「大丈夫だよ☆」とASC双子&金星水瓶の仮面がクール&ドライブぶって、独り床にごろりで腐敗状態というのを繰りかえしていたのですわww

こないだの新月の日に再びそれが起こりまして。ええ。
半年もこれじゃイカン。。
…と、急に髪型変えたり、化粧品買ったり、キスマイDVD見たり(最近ブゥム~・笑)、西への旅行を決めたりとアがることをしようとしてみていた折、
ステラゲートのminaさんブログをふと拝見して、あ、そうだminaさんのセッションいつか受けたいと思ってたな~ということを思い出して、申し込んでみたのです。

で、こんな状況に陥っている根本というのをね、とうとう今回理解したのですよ。
まず、私自身に恋愛だけでなく全てにおいて諦め癖があること。愛されること、感情を受け取ること、感情を出すことに体がストップをかけていることを指摘されました。
これは、自分でも自覚していて、でもそれが何故起こるのか分からなくて、とても長い間苦しんでいました。

それがどうやら赤ちゃんの時の記憶が根本にあったみたいなの。

自分が泣いたりすることで周りの大人が心配したり世話を焼いてくれるということに、「迷惑掛けて申し訳ない。」という感情や罪悪感を抱いていたようで、それが魔術みたいに体に沁み込んでたみたいなのです。
昔から体が丈夫じゃなくて病気がちだったり、魚座ステリウム蠍座火星土星ネイタルゆえに感情が荒ぶるスサノオな激しい子で、常に親や周りには迷惑ばかりかけていた私。
でも言葉は無いけど沢山のもの(物心共々)を与えてくれる親には、常にどこか申し訳ないという気持ちで生きてきました。

こんな迷惑かけとる私は愛情を受け取る価値がないという想い。

その感情はどこから来ているのかずっと謎だったのですが、それの根本が赤子の頃の記憶にあって、それが愛情を求めるということにストップをかけていたのだな~と、深いところで理解したのです。
それを指摘された時には、ソフィーばりの涙を流しておりましたヨ。(fromハウルの動く城)

だからどうしても恋愛でも自分が感情を抑えなくてはならないという状況や人を呼び込んでたのですね。そのほうがそういう魔術かけてる自分にとって都合が良いからね。
そしてもし何か貰ったら、自分には受け取る価値がないからそれ以上のものを返さなきゃいけないとか考えてました、、対等な人間関係を望んでるのにバランス的におかしなもんですよねw
嫌なことを嫌だと言えないってのも、ここからきてるよなー。

だから私、他人の迷惑を考えないで自分の感情爆発させてる人が苦手なんだと思いました。自分が一番やっちゃいけない自分の姿だと思いこんでるから。他人は鏡ですネ。
そしてここ最近やたらオラクルカードで「child(子供)」や赤ん坊が描かれたカードが頻出する意味も理解しました。

でも、もう強欲に求めてもいいんだなと。
だって私、幸せを感じるために地球に生まれてきてるんだもん。
いくらクール&ドライな仮面をかぶったって、でろでろの史上最強な甘えただもん。
本当は「保護されたい」「愛されたい」…いつも手をつないで歩いてゆける、そんな愛情を求めてるんだもん。

だから、赤ちゃんの頃の過去の自分に感謝し、リリースしてきたのです。
私が心から愛するこの浜辺でね。
もう色んな人に散々言われてきたじゃない、と思いつつ。(ほんとスンマセン)
やっぱり頭で理解していても腹に落ちないと 、人間ダメだね。
きらめく星のように、素敵な私。
こっから少しずつ また歩いて行けたらいいな。
自分が求める最高の愛にむかって。
 


長くなりました。笑
彼との過去世での関係について、おもろかったので次回に記しますワ。


Anna

0 コメント:

コメントを投稿