ひふみの女神と龍たち~part2~ Mariaさん会津巡礼ワーク

Posted by Anna(旧:Noa) On 2012年10月31日水曜日 0 コメント

2日目日曜日は、いよいよ会津巡礼ワークでした。

前日「舟石」と「沼沢湖・黒龍」というテーマが新たに出てきたため、まず「舟石」と呼ばれる大きな磐のある会津若松市旧滝沢峠へ向かいました。
この舟石ですが、国生みの神であるイザナギ・イザナミの両神が会津降臨の際に乗っていた船が石となったもので、船の上から両神が鉾を投じると八角の水晶となり、その場所に社(現在の八角神社やすみじんじゃ)を建てたという、なんともすごい伝承があります。

 


今は殆ど人も通らなくなったこの峠に、ぽつんと立つ舟石。10年ほど前に観て以来、ずっと気にかかっていました。ここでMariaさんのライアーと歌声、そしてみんなで光を送ると浄化の雨がぱらぱらと降って来ました。舟石の周りを龍が喜んで駆け巡っているように、風が木々を揺らしていました。

結局この磐のはっきりとした正体は分からなかったのですが、私たちに縁のあるものであることは間違いないようです。祭祀跡というより、ほんとにちょっとUFOっぽいw

またなぜ会津に国生みの神にまつわるものがあるのか、ずっと不思議でしたが、後からいろんなことを紐解いてゆく作業の中で、もしかしたら?と思うこともあり、ここに訪れることも必然だったのだと感じました。
そしてこういったものが、ほとんど注目もされずに転がっていることに、会津の聖地としての奥深さを感じました。(他にもすんごい磐座とかね、実は地図にのってないとこにあったりするんだよ・笑)

次の場所へ向かう車の中から撮影した空。


中央奥の黄金の光が差している場所、ここには山があったのですが、後から調べてみると、明神ヶ岳という、会津の皆なら誰もが知ってる(笑)とある神社の奥宮のある山でした。
ここは、舟石とも関係の深い場所です。そのうち訪れることになりそうです(笑)

途中、河沼郡柳津町というところにある名物のあわまんじゅう屋さんに立ち寄りました。
行列に並んでいたら、柳津の圓蔵寺(えんぞうじ)にまつわるゆるキャラのうとちゃん(初めて見たw)が上からやってきました。でもこの子のおかげで大事なことが分かったのです。


丑と寅、即ちこれは鬼門の方角を表していることにマネージャーさんが気づき。。マップを出して確認してくださると、次の目的地、沼沢湖からの鬼門の位置であることがわかったのです。ますます、沼沢湖に行く重要性を感じました。

沼沢湖は、金山町にあるカルデラ湖です。近くに妖精学の井村君江さんの妖精美術館もあることから(19世紀ごろのイギリス妖精画や天野喜孝さんのステンドグラスが見れるの!)昔から良く通っていました。この沼沢湖には大蛇伝説があり、去年の夏訪れた時に、「あ、ここ龍さんいるな。笑」と何となく肌で感じていました。 どうやらこちらには黒龍さんがいらっしゃるようでした。


ここでもMariaさんのライアーと歌声が響き渡ります。
するといつもはどこか寂しげで暗いイメージのある沼沢湖に光が差し込んで、湖全体が元の美しさを取り戻していくようでした。目をつぶっていてもまばゆい光を感じていました。
最後には今まで見たこともない優しい表情をした沼沢湖がそこにありました。


沼沢の近くを流れる只見川です。
その昔はここを龍達が行き来していたのかもしれない^^
この流れは、新潟まで続いています。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

沼沢湖を後に、急ぎ足で裏磐梯と猪苗代湖方面に戻ります。
途中、先程うとちゃんを目撃した、柳津の円蔵寺に寄りたい気持ちもあったのですが、
時間がないので遠くから眺めて通り過ぎる予定でいました。
ところが、円蔵寺の近くを通りかかったところ、急に雨がサーッと降ってきて。。。
どうやらお呼ばれしてるようなので、急遽立ち寄ることになりました。


マリアさんもマネージャーさんも、この橋とお寺のセットの映像を受け取っていたようなのです。


円蔵寺、本堂を無視して気になる奥ノ院 弁天堂へ。
道の途中にあったうねうねの木。
こちらに入っていた存在が元の姿に戻れるように、
この木の前でMariaさんがもののけ姫を歌ってくださいました。これには私もうるっときちゃいました>_<


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

そして最後は高速で急ぎ足で戻り、、、(みなさんコンビニでご飯を買い込み…お食事が車内になってしまいすみません)裏磐梯と猪苗代湖を目指します。
五色沼を少し観光して、前日訪れた天神浜へ。
まるで台風の様な風がびゅうびゅう吹いています。龍たちが湖上をかけめぐっているようでした。

そして、この美しい夕日!レムリアの風景みたい~!!!
ここは一瞬どこなのか分からなくなっちゃいました。 笑


この美しい景色を前に、Mariaさんの歌声が響き渡ります。
夢を見てるみたい~~♡♡♡
実はこの日、横浜のAmariさんとお仲間達も猪苗代湖に遠隔で光を降ろして下さっていたことが後から分かり、本当に驚きと感動でいっぱいでした。
どうやら、猪苗代湖周辺は縄文よりもずっと昔、超古代文明と言われているレムリア~アトランティス期からの聖地だったようなのです。
そして皆さんで光を降ろして、古代のエネルギーを復活させて下さっていました。


日(火)と風と水と…女神たちの復活を喜んでいるような美しい夕暮れです。



この神聖な景色を忘れず、守り伝えていくことができればいいな。
静かで強い気持ちが湧いて来ました。


Mariaさん、マネージャーのAさん、Junkoさん、Yuka、Amariさんとお仲間の皆!!皆様のおかげです。素敵な2日間本当にありがとうございました。



会津より沢山の愛をこめて♡



Noa

☆再神聖化のお手伝い<レコンセクレーション>アチューメント モニター価格実施中

0 コメント:

コメントを投稿