[SENSE AND SENSIBILITY] 1995 UK&USA

Posted by Anna(旧:Noa) On 2007年12月13日木曜日 0 コメント

いつか晴れた日に

Jane Austinの同名原作「SENSE AND SENSIBILITY(分別と多感)」、英国女優でこの映画で主演を務めるエマ・トンプソンが脚本を手がけ、第アカデミー脚本賞を受賞した作品。
話の展開はいかにもJane Austinらしい、19世紀初頭のイギリス田舎町の上流社会の人間模様・恋愛を描いたもの。

去年?DVDで映画版「高慢と偏見」を観て、Jane Austinの世界観に見事ハマッたNoaは次に観るのは「SENSE AND SENSIBILITY」よ!心に決めておりました。私生活もようやく落ち着いてきたので、久々にレンタル屋に走り、DVD掻っ攫ってきました。

いやー、やっぱり私さー、英国俳優&女優が好きだわ。
あの独特の艶っぽさはお仏蘭西の艶っぽさや米国のベタベタの艶っぽさとも違うんだよなー。
というか、Kate Winslet嬢さいこう。好きだ!
多感な次女マリアンヌ役にぴったりです。
タイタニックで観た時も思ったのだけど、この人はなんてクラシックな格好が似合うのでしょ。そして、歌声が愛らしすぎる。Kate嬢がCD出したら絶対買う。(でもクラシックの歌曲集とか讃美歌集限定ね)
分別ある長女エリノア役のエマ・トンプソンの演技も素晴らしい。自分の気持ちを抑えていたエリノアが涙するシーンはこっちも、うううとなってしまいます。
そして、ひた向きにマリアンヌに想いを寄せるブライアンを演じたアラン・リックマン(スネイプ先生~)が格好よすぎる。ヒュー・グラントの20倍格好よかったわ。

内容はね、ほんと「JANE AUSTIN !!!」みたいな感じ。
興味がない人は「高慢と偏見」観たからいーやー。な内容だと思うんだけど、私みたいな19世紀貴族バカは何度でも観たいと思うのよね。これ。

私みたいな人間にJaneAustinの世界は、不思議な魔法をかけてくれる。結局、女子はああいう今では幻想かもしれない乙女チックな世界に憧れるのかもしれないね。。。

0 コメント:

コメントを投稿